タグ:硬膜外無痛分娩

スポンサーサイト


  • 母乳 麻酔 影響

    硬膜外麻酔による無痛分娩は母乳に影響するの?

    硬膜外麻酔の麻酔薬で母乳に影響があるか心配です。 妊婦からよくある質問に「硬膜外麻酔による無痛分娩は母乳に影響するの?」という事が良くあります。 やはり女性にとって自らの母乳での育児は絶対だという方も多く、そのよ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 出産恐怖症 無痛分娩

    出産恐怖症とは?出産の不安は無痛分娩で解消しよう!

    出産の痛みに対する恐怖や不安で発症する出産恐怖症 よく「鼻からスイカを出すぐらいの痛さ」などと比喩される出産ですが、確かに痛いです。 経験者ならわかると思いますが「痛み」という言葉では表せられないほどのレベルとい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 無痛分娩 体験談

    41歳。高齢出産のリスク軽減の為に-無痛分娩の体験談-4

    先輩ママの無痛分娩体験記 「42歳 東京在住 高齢出産のリスク軽減の為に」 ここではこれから出産を控えた妊婦さんへ無痛分娩を経験した先輩ママの体験談をご紹介していきます。 第4回は41歳で初めての出産を経験された…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 無痛分娩の割合普及率

    日本での無痛分娩の普及率や割合はどのくらい?

    日本で無痛分娩を選択する割合はどのくらい? 海外ではなんと80%もの割合の方が無痛分娩を選択すると言われるほど、高い普及率を誇る無痛分娩ですが、日本ではいったいどのくらいの割合で普及しているのでしょうか。 そ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 自己調節硬膜外鎮痛(PCEA)

    自己調節硬膜外鎮痛っていったい何?

    自分で痛さを調整できる新しい無痛分娩 自己調節硬膜外鎮痛とは英語でPCEA(Patient Controlled Epidural Analgesia)と呼ばれ、読んで字のごとく自ら麻酔薬の量を調節できるような仕組…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • childbirth

    和痛分娩と無痛分娩の違いは?

    和痛分娩と無痛分娩ってどう違うの? 出産中の陣痛の痛みを和らげる「無痛分娩」ですが、様々な言い方や言い回しもあります。 全てが微妙にニュアンスが違ったり、病院によって言い方が変わったりしますので、まずは医師とパー…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 硬膜外無痛分娩

    硬膜外無痛分娩の利点・メリットは?

    硬膜外無痛分娩の良いところって何? 痛みというものが無くなるか、劇的に少なくなるのが硬膜外無痛分娩の最大の良いところというのはもちろんですが、実はそれ以外にも利点・メリットはあるんです。 今回はそんな硬膜外無痛分…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pregnant-woman

    硬膜外無痛分娩とは?無痛分娩のスタンダード。

    硬膜外無痛分娩ってどんな分娩なの? 無痛分娩は麻酔を打って出産時の陣痛を和らげるのですが、その種類にもいくつかあります。 まず、麻酔と言えば全身麻酔が一番初めに思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト


無痛分娩 体験談 一覧

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 無痛分娩のデメリット・リスク
    必ず知っておくべき無痛分娩のデメリットとリスク 出産時に痛みを感じない無痛分娩は非常に多くのメ…
  2. pregnant_L
    無痛分娩って危険性は無いの? 妊婦さんであれば必ず聞いたことがある「無痛分娩」。 気になる人…
  3. childbirth
    和痛分娩と無痛分娩ってどう違うの? 出産中の陣痛の痛みを和らげる「無痛分娩」ですが、様々な言い…
  4. 35歳以上の高齢出産でも無痛分娩は大丈夫? いまや当たり前となった晩婚、そして35歳以上での出…
  5. 麻酔分娩 赤ちゃん 影響 リスク
    気になる無痛分娩による赤ちゃんへの影響 無痛分娩にするか自然分娩にするか悩んでいる妊娠中の方に…

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「無痛分娩ガイド.com」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は妊娠されている方の無痛分娩に関するあらゆる情報を提供し、安心して出産していただくための情報サイトです。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る