タグ:デメリット

スポンサーサイト


  • 母乳 麻酔 影響

    硬膜外麻酔による無痛分娩は母乳に影響するの?

    硬膜外麻酔の麻酔薬で母乳に影響があるか心配です。 妊婦からよくある質問に「硬膜外麻酔による無痛分娩は母乳に影響するの?」という事が良くあります。 やはり女性にとって自らの母乳での育児は絶対だという方も多く、そのよ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 高齢出産の場合、無痛分娩のリスクは?大丈夫?

    35歳以上の高齢出産でも無痛分娩は大丈夫? いまや当たり前となった晩婚、そして35歳以上での出産である高齢出産。 管理人の周りでも数多くいますし、読者の方も35歳以上で出産を控えている方も多いのではないでしょうか…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 自己調節硬膜外鎮痛(PCEA)

    自己調節硬膜外鎮痛っていったい何?

    自分で痛さを調整できる新しい無痛分娩 自己調節硬膜外鎮痛とは英語でPCEA(Patient Controlled Epidural Analgesia)と呼ばれ、読んで字のごとく自ら麻酔薬の量を調節できるような仕組…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 痛み

    無痛分娩。痛さのレベルは・・・

    無痛分娩ってホントに痛くないの? 無痛分娩を検討している方の懸念事項と言えば「ホントに痛くないの?」というものが多くなっています。 体験した人もまだ多いとは言えないこの日本では中々先輩ママの体験談も聞けなく、情報…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pregnant_L

    無痛分娩の危険性はどのくらい?

    無痛分娩って危険性は無いの? 妊婦さんであれば必ず聞いたことがある「無痛分娩」。 気になる人も多いと思いますし、実際に検討している方もいるのではないでしょうか。 ただどうしても躊躇してしまうのが、本当に危険…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 自閉症リスク

    無痛分娩だと自閉症の危険があるってホント?リスクはあるの?

    無痛分娩で自閉症になるという噂の真偽 結論から言うと「嘘」です。 自閉症児は先天的な障害なため分娩前から自閉症と言われています。 よって関係ないものと思われます。 ソースも根拠も無いので情報を鵜呑みにしな…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 無痛分娩のデメリット・リスク

    無痛分娩のデメリットとリスク。妊婦が必ず知っておくべき事は。

    必ず知っておくべき無痛分娩のデメリットとリスク 出産時に痛みを感じない無痛分娩は非常に多くのメリットがありますが、もちろんメリットだけではありません。 デメリットもしっかりとありますので、これから出産を控えた無痛…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 無痛分娩のメリット

    無痛分娩のメリットは? 無痛以外の3つのメリット。

    無痛分娩のメリットはどんなものがあるの? 海外では主流の分娩方法である無痛分娩。 いたくない出産が一番のメリットであることはわかりますが、痛み軽減以外にも様々なメリットがあると言われています。 今回はそんな…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト


無痛分娩 体験談 一覧

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 無痛分娩のメリット
    無痛分娩のメリットはどんなものがあるの? 海外では主流の分娩方法である無痛分娩。 いたくない…
  2. childbirth
    和痛分娩と無痛分娩ってどう違うの? 出産中の陣痛の痛みを和らげる「無痛分娩」ですが、様々な言い…
  3. pregnant-woman
    硬膜外無痛分娩ってどんな分娩なの? 無痛分娩は麻酔を打って出産時の陣痛を和らげるのですが、その…
  4. 無痛分娩のデメリット・リスク
    必ず知っておくべき無痛分娩のデメリットとリスク 出産時に痛みを感じない無痛分娩は非常に多くのメ…
  5. 自己調節硬膜外鎮痛(PCEA)
    自分で痛さを調整できる新しい無痛分娩 自己調節硬膜外鎮痛とは英語でPCEA(Patient C…

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「無痛分娩ガイド.com」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は妊娠されている方の無痛分娩に関するあらゆる情報を提供し、安心して出産していただくための情報サイトです。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る