アーカイブ:2014年 11月

スポンサーサイト


  • 無痛分娩体験記

    26歳。仕事へ早期復帰の為に-無痛分娩の体験談-5

    先輩ママの無痛分娩体験記 「26歳 横浜在住 早く仕事復帰したい」 ここではこれから出産を控えた妊婦さんへ無痛分娩を経験した先輩ママの体験談をご紹介していきます。 第5回は26歳で初めての出産を経験された横浜在住…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 無痛分娩 体験談

    41歳。高齢出産のリスク軽減の為に-無痛分娩の体験談-4

    先輩ママの無痛分娩体験記 「42歳 東京在住 高齢出産のリスク軽減の為に」 ここではこれから出産を控えた妊婦さんへ無痛分娩を経験した先輩ママの体験談をご紹介していきます。 第4回は41歳で初めての出産を経験された…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5374d37bdc2ff.image

    32歳。純粋に痛みが苦手だから・・・-無痛分娩の体験談-3

    先輩ママの無痛分娩体験記 「32歳 東京在住 純粋に痛みが苦手」 ここではこれから出産を控えた妊婦さんへ無痛分娩を経験した先輩ママの体験談をご紹介していきます。 第3回は32歳で出産を経験された東京在住の方からの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 無痛分娩体験記

    29歳。二人目の出産は無痛分娩で。-無痛分娩の体験談-2

    先輩ママの無痛分娩体験記 「29歳 神戸在住 二人目の出産は無痛分娩で」 ここではこれから出産を控えた妊婦さんへ無痛分娩を経験した先輩ママの体験談をご紹介していきます。 第2回は29歳で2人目の出産を無痛分娩とい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 体験談 無痛分娩

    38歳。初めてのお産は無痛分娩で正解-無痛分娩の体験談-1

    先輩ママの無痛分娩体験記 「38歳 横浜在住 初めてのお産は無痛分娩」 ここではこれから出産を控えた妊婦さんへ無痛分娩を経験した先輩ママの体験談をご紹介していきます。 第一回は38歳で初めての出産を経験された横浜…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 高齢出産の場合、無痛分娩のリスクは?大丈夫?

    35歳以上の高齢出産でも無痛分娩は大丈夫? いまや当たり前となった晩婚、そして35歳以上での出産である高齢出産。 管理人の周りでも数多くいますし、読者の方も35歳以上で出産を控えている方も多いのではないでしょうか…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 麻酔分娩 赤ちゃん 影響 リスク

    無痛分娩は赤ちゃんに影響・リスクはあるの?

    気になる無痛分娩による赤ちゃんへの影響 無痛分娩にするか自然分娩にするか悩んでいる妊娠中の方にとって一番の不安は「無痛分娩は赤ちゃんに影響・リスクはあるの?」という疑問でしょう。 自らの痛みを和らげたところで、胎…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アメリカ 無痛分娩の割合

    アメリカの無痛分娩事情。割合と費用はどのくらい?

    無痛分娩の先進国「アメリカ」 日本ではたった数%しか選択しない無痛分娩という出産方法ですが、海外ではこの割合は大きく変わってきます。 特にヨーロッパやアメリカ・カナダでは非常に高い割合で無痛分娩を選択する方が多い…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト


無痛分娩 体験談 一覧

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 硬膜外無痛分娩
    硬膜外無痛分娩の良いところって何? 痛みというものが無くなるか、劇的に少なくなるのが硬膜外無痛…
  2. 無痛分娩のデメリット・リスク
    必ず知っておくべき無痛分娩のデメリットとリスク 出産時に痛みを感じない無痛分娩は非常に多くのメ…
  3. 体験談 無痛分娩
    先輩ママの無痛分娩体験記 「38歳 横浜在住 初めてのお産は無痛分娩」 ここではこれから出産を…
  4. 自己調節硬膜外鎮痛(PCEA)
    自分で痛さを調整できる新しい無痛分娩 自己調節硬膜外鎮痛とは英語でPCEA(Patient C…
  5. 35歳以上の高齢出産でも無痛分娩は大丈夫? いまや当たり前となった晩婚、そして35歳以上での出…

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「無痛分娩ガイド.com」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は妊娠されている方の無痛分娩に関するあらゆる情報を提供し、安心して出産していただくための情報サイトです。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る